コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水盤 スイバン

3件 の用語解説(水盤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐ばん【水盤】

底の浅い平らな陶製または金属製の花器。楕円形や長方形のものが多く、盛り花や盆栽・盆景などに使用される。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいばん【水盤】

水を入れる、広く浅い陶磁製の鉢。生け花・盆栽などに用いる。
涼味を求めてに睡蓮すいれん・蘆あしなどを生けたり、植えたりするもの。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水盤
すいばん

いけ花で使われる花器の一種で、底の浅い平らな盤で盛り花に用いる。小竹の筒を沈めて、その筒に草木花をいけた「水鉢」「水盆」といったものから始まるが、広範に水盤として普及したのは、明治末、小原(おはら)雲心が盆栽・盆景の水盤を花器に使うことを思い付き、洋花も取り入れての自然描写的な盛り花を創始して以来で、盛り花の流行とともに各流でこれを用いるようになった。材質は陶磁、ガラスなどで形、色ともに種類が多い。花器としての水盤の発達から、現在は花器に穴をあけて盆栽に使用する場合も多い。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水盤の言及

【手水鉢】より

…水をためておく水穴は,浅い半球形のものが多く,楕円形,角形のものもある。 なお,寺社の手水鉢は水盤(すいばん)とも呼ばれ,四方吹放ちの建物に据えられることが多く,建物を手水屋,水盤舎などと呼ぶ。また皇居清涼殿朝餉間(あさがれいのま)に北接して,天皇が手水を進める場所として手水の間があった。…

※「水盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水盤の関連キーワードスニーカー薄端砂鉢丁子風炉トレーナーイ火熨斗平鍋シュートリー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水盤の関連情報