(読み)ヒエ

デジタル大辞泉「稗」の解説

ひえ【×稗/×穇】

イネ科の一年草。高さ1~2メートルに達し、葉は細長くイネに似る。夏、円柱状の穂をつけ、小さい実を結ぶ。実を食用や鳥の飼料などにする。日本には縄文時代に中国から伝来したといわれ、救荒作物として栽培。 秋》

はい【稗】[漢字項目]

[音]ハイ(漢) []ひえ
小さい。こまごました。「稗官稗史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「稗」の解説

稗 (ヒエ)

学名:Echinochloa utilis
植物。イネ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android