(読み)ヒエ

デジタル大辞泉「稗」の解説

ひえ【×稗/×穇】

イネ科の一年草。高さ1~2メートルに達し、葉は細長くイネに似る。夏、円柱状の穂をつけ、小さい実を結ぶ。実を食用や鳥の飼料などにする。日本には縄文時代に中国から伝来したといわれ、救荒作物として栽培。 秋》
[類語]あわきびコーリャン蜀黍もろこし

はい【稗】[漢字項目]

[音]ハイ(漢) []ひえ
小さい。こまごました。「稗官稗史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「稗」の解説

稗 (ヒエ)

学名Echinochloa utilis
植物。イネ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android