コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種川 タネカワ

デジタル大辞泉の解説

たね‐かわ〔‐かは〕【種川】

江戸時代、サケ産卵稚魚を保護して増殖を図った施設およびその制度。越後村上藩の三面川(みおもてがわ)の例が著名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

種川の関連キーワード南光自然観察村三日月〈町〉千種〈町〉千種[町]上郡[町]佐用[町]赤穂(市)宍粟(市)三種(町)上月[町]水原銭鱮内藤信敦江戸時代赤穂御崎青砥綱義姫路平野三日月赤穂市宍粟市佐用町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android