コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種雄牛 シュユウギュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ゆうぎゅう〔‐ユウギウ〕【種雄牛】

食肉用・乳用など、それぞれの目的にかなった優れた遺伝子をもつ雄牛。各地の種雄牛センターなどに登録され、人工授精などに使われる。種牛。→種雌牛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

種雄牛の関連キーワード西原[村]産子検定但馬牛ウシ畜舎

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android