種雄牛(読み)シュユウギュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ゆうぎゅう〔‐ユウギウ〕【種雄牛】

食肉用・乳用など、それぞれの目的にかなった優れた遺伝子をもつ雄牛。各地の種雄牛センターなどに登録され、人工授精などに使われる。種牛。→種雌牛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる