コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種雄牛 シュユウギュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ゆうぎゅう〔‐ユウギウ〕【種雄牛】

食肉用・乳用など、それぞれの目的にかなった優れた遺伝子をもつ雄牛。各地の種雄牛センターなどに登録され、人工授精などに使われる。種牛。→種雌牛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

種雄牛の関連キーワード西原[村]産子検定但馬牛ウシ畜舎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種雄牛の関連情報