コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲日野 イナビノ

デジタル大辞泉の解説

いなび‐の【稲日野】

印南野(いなみの)」に同じ。[歌枕]
「―も行き過ぎかてに思へれば心恋しき加古(かこ)の島見ゆ」〈・二五三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いなびの【稲日野】

印南野いなみの 」に同じ。 「 -の赤ら柏の時は有れど/古今六帖 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の稲日野の言及

【印南野】より

…兵庫県南部,明石川,加古川,美囊(みのう)川に囲まれた三角形状の台地で,東西約20km,南北約15kmにわたって広がっている。〈いんなみの〉とも呼び,かつては伊奈美野,稲日野とも書いた。播磨町の大中遺跡ほか弥生時代,古墳時代の遺跡が多い。…

※「稲日野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稲日野の関連キーワード古今六帖可古の島印南野

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android