積読(読み)つんどく

精選版 日本国語大辞典の解説

つん‐どく【積読】

〘名〙 (「積んでおく」の意に「読書」の「どく」を掛けたしゃれ) 書物を買ったまま読まないでただ積んでおくこと。〔新しき用語の泉(1921)〕
[補注]明治一二年(一八七九)の「東京新誌」に「つんどく家」「つんどく先生」という語が見られるという〔森銑三‐閑読雑抄〕。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる