コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空冷式内燃機関 くうれいしきないねんきかんair-cooled engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空冷式内燃機関
くうれいしきないねんきかん
air-cooled engine

シリンダおよびシリンダヘッドを空気で冷却する内燃機関。シリンダおよびシリンダヘッドに薄い多数のひれ (冷却フィン) を設けて冷却面積を増し,冷却効果をあげている。二輪車のように機関自身の走行による空気流を利用する自然空冷と,出力の大きいものに用いる冷却ファンのついた強制空冷とがある。自動車ではフォルクスワーゲン,ポルシェが空冷式内燃機関として有名。オートバイ用や小型の発電用ガソリン機関は空冷方式のものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android