コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空冷式機関 クウレイシキキカン

デジタル大辞泉の解説

くうれいしき‐きかん〔‐キクワン〕【空冷式機関】

空冷式の内燃機関。航空機・自動車・オートバイなどに使用され、気筒・気筒頭などに冷却ファンを設けて空気との接触を大きくして機関の熱を冷やす。→水冷式機関

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くうれいしききかん【空冷式機関】

燃焼により生じた熱を空気によって冷やす形式の内燃機関。空気の当たる面積を増すため冷却鰭れいきやくひれを設ける。空冷エンジン。空冷式発動機。 ↔ 液冷式機関

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空冷式機関の関連キーワード液冷式機関

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android