コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空気入りタイヤ くうきいりタイヤpneumatic tire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空気入りタイヤ
くうきいりタイヤ
pneumatic tire

リムに取付け,リムと本体との間の中空部に空気を充填したタイヤ。全ゴム製のソリッドタイヤに比べ,クッション性に富み,内部発熱を抑えることができるため,高速安定度も高い。乗用車トラック,バス,航空機などに使用する。空気を保持するためにチューブを使用するものと,本体とリムのみで空気を保持するチューブレスタイヤとがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

空気入りタイヤの関連キーワードダンロップ・ホールディングスダンロップ・ホールディングスジョン・B. ダンロップギド・ミシュラン山羽式蒸気バスファイアストンサイクリングダンロップミシュラン車輪製造ゴム工業自転車道路

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空気入りタイヤの関連情報