コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空港法 クウコウホウ

デジタル大辞泉の解説

くうこう‐ほう〔クウカウハフ〕【空港法】

国内の空港の設置・管理主体や、管理方法、工事費用等の分担空港機能施設事業者などについて定めた法律。昭和31年(1956)に空港整備法として制定。平成20年(2008)の法改正時に現名称に変更された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

空港法の関連キーワード指定空港機能施設事業者直轄事業負担金富士山静岡空港中部国際空港関西国際空港成田国際空港地方管理空港東京国際空港大阪国際空港第2種空港第3種空港第1種空港拠点空港

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空港法の関連情報