コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窠紋 カモン

デジタル大辞泉の解説

か‐もん〔クワ‐〕【×窠紋】

有職文様の一。数個の円弧形をつなぎ合わせた中に、唐花花菱などを入れたもの。木瓜(もっこう)ともいわれ、家紋として用いる。→木瓜

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かもん【窠紋】

有職文様の一。円弧を花弁のように四、五個輪につなぎ合わせた形。中に唐花や鳥を配する。鳥の巣の形とも瓜を輪切りにした形ともいう。御簾みすの帽額もこうの装飾に用いられるので帽額紋ともいい、「木瓜もつこう紋」ともいう。窠。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

窠紋の関連キーワード窠に霰帽額御簾

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android