コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有職文様 ゆうそくもんよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有職文様
ゆうそくもんよう

平安時代以降公家装束や調度,輿車 (よしゃ) などに使われてきた伝統的文様。唐風文化の一部として奈良時代に移入され,平安時代になって和風文化の隆盛とともに変型,固定され,家柄によってそれぞれ特有の文様を使う風習が生じた。おもな文様には,浮線綾 (ふせんりょう) ,菱文,襷文 (たすきもん) ,亀甲文小葵,雲鶴文,唐草文などがある。近世に入ってからは公家風文化の町人層への伝播に伴い,一般に御所風の模様をも有職文様と呼ぶようになった。 (→有職故実 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうそく‐もんよう〔イウソクモンヤウ〕【有職文様】

平安時代以来、公家階級で装束・調度などに用いられた伝統的文様。他の分野の文様と区別して、近世以降この名でよばれる。小葵(こあおい)窠文(かもん)幸菱(さいわいびし)三重襷(みえだすき)唐草文様立涌(たてわく)などがあり、隋・唐から伝えられた文様を和様化したもので、日本の文様の基調をなしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

有職文様【ゆうそくもんよう】

公家装束や調度,建築などに用いられる文様。他の分野の文様と区別するため近世になってこのように名付けられた。古く大陸から伝わったのが基になっているが,優美で格調高く,日本の文様の基本となっている。
→関連項目有職織物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうそくもんよう【有職文様】

公家階級の服装,調度,輿車などに用いられた伝統的文様。他の分野の文様と区別するため,近世になって便宜上このように名付けられた。中世から近世にかけて公家の勢力が衰退していく中で,公家生活の規範や法式を指す〈有職〉に支えられて諸形式が整備され,伝統が保持された。公家の公私の生活に用いられる文様についても同様で,染織をはじめ工芸全般において独自の形式を伝えてきた。ことに服装は着(かさねぎ)形式であったため,絵模様は襲の下に隠れてその効果を表すことがむずかしかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうそくもんよう【有職文様】

平安時代以来、公家の装束・調度などに用いられた伝統的な文様。立涌たちわき・丸文・菱文ひしもん・亀甲きつこう文・窠文かもんなど。唐朝の文様を単純化したもので、日本の文様の基調をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有職文様の関連キーワード海賦・海部京千代紙宝相華文唐朝丸文立涌打掛鳥襷窠紋武家鴛鴦小袖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android