コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐花 カラハナ

デジタル大辞泉の解説

から‐はな【唐花】

中国から渡来した花文様。4弁のものが多く、5弁・6弁もある。花弁の先に入隅(いりすみ)のあるのが特徴。
紋所の名。1をかたどったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からはな【唐花】

文様の名。大陸起源の花文で、蓮はすあるいは牡丹ぼたんを図案化したものという。奈良時代以来みられ、平安時代には和様化され、単純なものになった。中心から四方へ花弁を対称に配したものが多い。
家紋の一。唐花模様をかたどったもの。
「唐花草」の略か。また、「空花」の意で造花の一種とも。 「皆、この会の供花の-を取りて/今昔 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐花
からはな

中国・唐時代に流行し、その影響を受けてわが国では奈良時代に賞用された花文。蓮花(れんげ)、パルメット、牡丹(ぼたん)など数種の植物モチーフを合成してできあがった華麗な文様である。その構成は、中心部にロゼット形式の花文(蓮花や牡丹を真上からとらえた形式)を置き、その周囲に団扇(だんせん)形の側面形花文を弧線でつないだ花環を二重、三重に巡らし、中心部から外に向かって同心円状にこうした花環が幾重にも広がっていくところに特色がある。主として当代の緯錦(いきん)の文様として使用されたものであり、東京国立博物館保管の「碧地唐花文錦琵琶袋(あおじからはなもんにしきのびわぶくろ)」は、唐花文の規模が大きく、その特色をもっともよく示している代表的な作例の一つである。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

唐花の関連キーワード龍村 平蔵(1代目)長野県大町市八坂粘葉本和漢朗詠集長野県大町市カラハナソウ七宝(工芸)唐花浮線綾八坂[村]宝相華文舞楽装束浮線綾文きょう纈北村武資正倉院裂有職模様大内菱花菱紋浮線綾亀甲文叉木形

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐花の関連情報