コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木瓜 ボケ

デジタル大辞泉の解説

ぼ‐け【木瓜】

バラ科の落葉低木。高さ約2メートル。枝にとげがあり、葉は楕円形で縁にぎざぎざがある。春、葉に先だって、紅・淡紅・白色や絞りの5弁の花が咲く。実は球状で夏に黄色に熟し、香りがある。中国の原産で、庭木にされる。ぼっか。もけ。 花=春 実=秋》「四阿(あづまや)や此処に春ゆく―二輪/水巴

ぼっ‐か〔ボククワ〕【木×瓜】

ぼけ」に同じ。

も‐け【×瓜】

ボケの古名。〈和名抄

も‐こう〔‐カウ〕【×瓜】

もっこう(木瓜)

もっ‐か〔モククワ〕【木×瓜】

ボケまたはカリンの成熟果実。漢方で、利尿・鎮痛薬などに用いる。

もっ‐こう〔モクカウ〕【木×瓜】

紋所の名。鳥の巣が卵を包んでいるように見える図柄。また、ウリを輪切りにした形を図案化したものともいう。すだれの帽額(もこう)に多く用いたところからいい、「木瓜」と当てて書いた。窠紋(かもん)。もこう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼけ【木瓜】

バラ科の落葉低木。中国原産。庭木とする。高さ約2メートル。小枝はときにとげとなる。葉は楕円形。春、五弁花が前年枝に数個ずつつく。花は紅・白のほか咲き分け、絞りなどがある。果実は楕円形で黄熟し、香りが良い。 〔「木瓜の花」は [季]春〕
クサボケの別名。

ぼっか【木瓜】

ボケ 」に同じ。

もけ【木瓜】

ボケの異名。 〔本草和名〕

もこう【木瓜】

「もっこう(木瓜)」の転。

もっか【木瓜】

ボケの別名。また、ボケの果実を乾燥させた生薬。鎮咳・鎮痛薬に用いられる。

もっこう【木瓜】

家紋の一。窠紋かもんの別名。
〔常磐津ときわずの師匠の家紋から〕 常磐津のこと。 「 -の娘をいつかかつぎ出し/柳多留 69

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木瓜の関連情報