コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木瓜 ボケ

12件 の用語解説(木瓜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼ‐け【木瓜】

バラ科の落葉低木。高さ約2メートル。枝にとげがあり、葉は楕円形で縁にぎざぎざがある。春、葉に先だって、紅・淡紅・白色や絞りの5弁の花が咲く。実は球状で夏に黄色に熟し、香りがある。中国の原産で、庭木にされる。ぼっか。もけ。 花=春 実=秋》「四阿(あづまや)や此処に春ゆく―二輪/水巴

ぼっ‐か〔ボククワ〕【木×瓜】

ぼけ」に同じ。

も‐け【×瓜】

ボケの古名。〈和名抄

も‐こう〔‐カウ〕【×瓜】

もっこう(木瓜)

もっ‐か〔モククワ〕【木×瓜】

ボケまたはカリンの成熟果実。漢方で、利尿・鎮痛薬などに用いる。

もっ‐こう〔モクカウ〕【木×瓜】

紋所の名。鳥の巣が卵を包んでいるように見える図柄。また、ウリを輪切りにした形を図案化したものともいう。すだれの帽額(もこう)に多く用いたところからいい、「木瓜」と当てて書いた。窠紋(かもん)。もこう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼけ【木瓜】

バラ科の落葉低木。中国原産。庭木とする。高さ約2メートル。小枝はときにとげとなる。葉は楕円形。春、五弁花が前年枝に数個ずつつく。花は紅・白のほか咲き分け、絞りなどがある。果実は楕円形で黄熟し、香りが良い。 〔「木瓜の花」は [季]春〕
クサボケの別名。

ぼっか【木瓜】

ボケ 」に同じ。

もけ【木瓜】

ボケの異名。 〔本草和名〕

もこう【木瓜】

「もっこう(木瓜)」の転。

もっか【木瓜】

ボケの別名。また、ボケの果実を乾燥させた生薬。鎮咳・鎮痛薬に用いられる。

もっこう【木瓜】

家紋の一。窠紋かもんの別名。
〔常磐津ときわずの師匠の家紋から〕 常磐津のこと。 「 -の娘をいつかかつぎ出し/柳多留 69

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木瓜の関連キーワード裏白の木小梨谷空木豆桜山梨洋梨犬橅楢柏浜臭木ドロノキ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木瓜の関連情報