コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窺狙ふ ウカネラウ

デジタル大辞泉の解説

うか‐ねら・う〔‐ねらふ〕【×窺狙ふ】

[動ハ四]ようすを見ていて好機をねらう。うかがいねらう。
「この岡に雄鹿(をしか)跡(ふ)み起こし―・ひかもかもすらく君故にこそ」〈・一五七六〉

うか‐ねらう〔‐ねらふ〕【×窺狙ふ】

[枕]狩りで獣などの通った跡を見てねらうところから「跡見(とみ)」にかかる。
「―跡見山雪のいちしろく」〈・二三四六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うかねらう【窺狙ふ】

( 動四 )
目的を果たすのによい機会のくるのをじっと待つ。様子をみながら待つ。 「この岡に雄鹿踏み起こし-・ひ/万葉集 1576

うかねらう【窺狙ふ】

( 枕詞 )
猟をするとき足跡を見て、うかがいねらう役目を跡見とみというところから「跡見」にかかる。 「 -跡見山雪のいちしろく/万葉集 2346

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

窺狙ふの関連キーワード跡見

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android