コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窺狙ふ ウカネラウ

4件 の用語解説(窺狙ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うか‐ねら・う〔‐ねらふ〕【×窺狙ふ】

[動ハ四]ようすを見ていて好機をねらう。うかがいねらう。
「この岡に雄鹿(をしか)跡(ふ)み起こし―・ひかもかもすらく君故にこそ」〈・一五七六〉

うか‐ねらう〔‐ねらふ〕【×窺狙ふ】

[枕]狩りで獣などの通った跡を見てねらうところから「跡見(とみ)」にかかる。
「―跡見山雪のいちしろく」〈・二三四六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うかねらう【窺狙ふ】

( 動四 )
目的を果たすのによい機会のくるのをじっと待つ。様子をみながら待つ。 「この岡に雄鹿踏み起こし-・ひ/万葉集 1576

うかねらう【窺狙ふ】

( 枕詞 )
猟をするとき足跡を見て、うかがいねらう役目を跡見とみというところから「跡見」にかかる。 「 -跡見山雪のいちしろく/万葉集 2346

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窺狙ふの関連キーワード窺う眈眈山笑う薄笑うけつら・う付狙う見合せる見習う見慣らふ天下を狙う

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone