コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立体カメラ りったいカメラstereoscopic camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立体カメラ
りったいカメラ
stereoscopic camera

立体写真3D写真)を撮るためのカメラ3Dカメラともいう。2個のレンズを人間の両眼の距離(6~7cm)に近い距離で取り付けることで,同一視野を同時に写真に撮ることができる。デジタルでも 3Dデジタルカメラや,3D撮影ができるレンズがある。3Dに対応しているテレビジョン,ディスプレイ,プリンタ,デジタルフォトフレームなどの機器で見ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立体カメラの関連情報