コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風流仏 ふうりゅうぶつ

大辞林 第三版の解説

ふうりゅうぶつ【風流仏】

小説。幸田露伴作。1889年(明治22)「新著百種」に発表。旅先で出会った花売りの娘に恋した彫刻師珠運の悲恋を描いた露伴の出世作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふうりゅうぶつ〔フウリウブツ〕【風流仏】

幸田露伴による短編小説。明治22年(1889)、叢書「新著百種」の第5号として発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

風流仏の関連キーワード幸田露伴(こうだ・ろはん)幸田 露伴僭上・僣上わざくれ絎け込む金輪奈落惨らしい低頭平身天の配剤丹花の唇平押し生立つ花売り蜘蛛手煙・烟歯軋み出世作薫ずる実正値遇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android