立切(読み)たちきる

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐き・る【立切】

〘自ラ五(四)〙
① 立ったままでいる。ずっとそのままの状態でいる。また、転じて、我慢する。
※頼政集(1178‐80頃)上「夜をこめてたちきる山のすそにしも鳴てや鹿の人にしれぬる」
ろうそく・線香などが燃えつきる。
浮世草子好色一代女(1686)三「こよひも亦長蝋燭の立切(キル)まで」

たち‐き・れる【立切】

〘ラ下一〙 (「たちきる(立切)」の可能動詞) ずっとそのままの状態で通すことができる。あとに打消の語を伴って、やりきれない、我慢できないの意に用いる。近世、江戸でいった。
※歌舞伎・東海道四谷怪談(1825)四幕「成る程、女の狭い心では、酒でも飲まずば立(タ)ちきれまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android