コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成る程 ナルホド

2件 の用語解説(成る程の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なる‐ほど【成る程】

[副]
他人の言葉を受け入れて、自分も同意見であることを示す。たしかに。まことに。「成る程それはいい」
その範囲でできるだけのことをする意を示す。なるべく。
「そのやうに言うて皆様が召すものか。―慇懃に売れ」〈狂言記外篇・昆布売〉
[感]相手の言葉に対して、その通りであると同意する気持ちを表す。「成る程。おっしゃる通りですね」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なるほど【成る程】

( 副 )
その通りだというように相手に同意したり、自ら納得したりする気持ちを表す。ほんとうに。たしかに。 「話には聞いていたが、-見事な桜だ」 「 -たくさんある」
できるだけ。なるたけ。なるべく。 「 -意気過ぎて、男ふるほどの女郎よべ/浮世草子・一代男 5
( 感 )
相手の言葉に同感である気持ちを表す語。 「 -、その通りだ」 「 -、もっともだ」 「 -、-、とうなずく」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成る程の関連キーワード話法迂言享受ぐさり軽信言葉を尽くす受用半畳を入れる言葉尻野次る