コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成る程 ナルホド

2件 の用語解説(成る程の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なる‐ほど【成る程】

[副]
他人の言葉を受け入れて、自分も同意見であることを示す。たしかに。まことに。「成る程それはいい」
その範囲でできるだけのことをする意を示す。なるべく。
「そのやうに言うて皆様が召すものか。―慇懃に売れ」〈狂言記外篇・昆布売〉
[感]相手の言葉に対して、その通りであると同意する気持ちを表す。「成る程。おっしゃる通りですね」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なるほど【成る程】

( 副 )
その通りだというように相手に同意したり、自ら納得したりする気持ちを表す。ほんとうに。たしかに。 「話には聞いていたが、-見事な桜だ」 「 -たくさんある」
できるだけ。なるたけ。なるべく。 「 -意気過ぎて、男ふるほどの女郎よべ/浮世草子・一代男 5
( 感 )
相手の言葉に同感である気持ちを表す語。 「 -、その通りだ」 「 -、もっともだ」 「 -、-、とうなずく」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone