コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(て)掛(け)/立(て)懸(け) タテカケ

デジタル大辞泉の解説

たて‐かけ【立(て)掛(け)/立(て)懸(け)】

立てかけておくこと。
江戸時代に流行した男の髪形の一。髻(もとどり)を大きくとって、髷(まげ)を後頭部に立てかけるように結ったもの。宝永(1704~1711)ごろに浄瑠璃語り江戸半太夫が結いはじめたものという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(て)掛(け)/立(て)懸(け)の関連キーワード静岡県立掛川西高等学校石井 白村竹内保徳石崎長久末永茂世

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android