コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まげ

8件 の用語解説(髷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


まげ

日本髪で髪を束ねて折り曲げた部分のこと。日本髪を構成する四要素の一つで,前髪と鬢 (びん) ,髱 (たぼ) に囲まれた中心に位置し日本髪の美しさを象徴する。女性では丸髷島田髷,兵庫髷などと形に工夫が凝らされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まげ【×髷】

髪を頭頂に束ね、髻(もとどり)を結ったものを折り返したり曲げたりした部分。また、そのような髪形全体をさす。関西では「わげ」という。

わげ【×髷】

(上方で)髷(まげ)をいう語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

髷【まげ】

日本髪の部分名称。髪を束ねて綰(わがね)る(輪をつくるように結ぶ)ことが髷の意で,女髷の場合は頭の中心に根をとり,前髪,(びん),(たぼ)の毛先を集めて髷を結う。
→関連項目髪形桃割

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まげ【髷】

髪を結う場合の最も基本的な形で,長い髪を頭上にまとめて1ヵ所でたばね,その上部を種々の形にたたんだり折り曲げたりする部分をいう。いわゆる日本髪は鬢(びん),髱(たぼ),前髪,髷から成り,髪全体をこの四つに分け,中心の髷にそれぞれの毛先を集めて結い上げる。桃山時代に女性の髪形が男性の髪形の影響を受けて頭上に結び上げる形になると,江戸時代を通じてさまざまな技巧がこらされ,髷が結髪の中心となり兵庫髷,大島田,奴(やつこ)島田などの島田髷,勝山髷,笄(こうがいまげ)その他,華やかな髪形が数多くつくり出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まげ【髷】

髪を頭頂で束ねて、折り返したり、曲げたりした部分。また、そのような部分をもつ髪形全体。わげ。

わげ【髷】

まげ(髷) 」に同じ。主に上方かみがたでの称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


まげ

日本髪の部分。日本髪をつくるうえでもっとも重要で、美しさを表す部分といえる。下げ髪の時代には、このような美しさはなかったが、江戸時代に入って、前髪をとり、左右の鬢(びん)をとり、さらに背後に髱(たぼ)を出し、それらの頭髪を一つにまとめあげて、百会(ひゃくえ)(脳天)の上に独自な髪形をつくるのが髷である。この髷の部分のよしあしが女性の髪形の生命である。髷が複雑化し、これに櫛(くし)、笄(こうがい)、かんざしなど髪飾りがいろいろに用いられて、日本髪はさらに美しくなり、幕末から1877年(明治10)ごろにかけて、その数280余種となった。1885年以降、その髷の美しさも、不経済、不衛生、安眠がとれないという欠点から西洋の束髪に押され、大正を最後に、髷を結う人は少なくなっていった。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【相撲髷】より

…力士の結髪のこと。力士の髷は,1871年(明治4)8月に断髪廃刀令が実施されたとき,相撲界にも断髪が当てはめられようとしたが,ときの明治政府の長官の中に好角家が多くいて,力士風俗として結髪を従来どおり許すこととなり,今日にまで及んでいる。それ以前は,時代の習慣風俗によって,それぞれの形に結髪したものである。…

※「髷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

髷の関連情報