コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もとどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


もとどり

日本で行われた昔の結髪法の一つで,髪を頭上に束ねたもの,またはその部分をいう。元来,本取の意で,たぶさともいう。古くは中国,東北部に住した女真族の女性の結髪。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たき‐ふさ【×髻】

たぶさ」に同じ。
「―の中より設(ま)けし弦を採り出して」〈・中〉

た‐ぶさ【×髻】

髪の毛を頭上に集めて束ねたところ。もとどり。

もと‐どり【×髻】

《「本取り」の意》髪を頭の上に集めて束ねた所。また、その髪。たぶさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たぶさ【髻】

髪を頭上に集め束ねた所。もとどり。

もとどり【髻】

〔「本取り」の意〕
髪の毛をまとめて頭の上で束ねた所。また、その髪。たぶさ。もとゆい。
[句項目] 髻放つ 髻を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【髻切】より

…他人の髻すなわち頭頂部に束ねた髪を切り落とす犯罪。中世では本鳥切とも書いた。…

※「髻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

髻の関連キーワード隠し結び銀杏返し掛烏帽子守り付け二つ折り烏瑟膩沙パーラ仏後ろ上り一束切り稚児喝食三つ輪髷無見頂相豆本多髻放つ垂れ尼投島田髷掛け栄螺殻後ろ挿二つ髷

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

髻の関連情報