コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸半太夫 エドハンダユウ

3件 の用語解説(江戸半太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えど‐はんだゆう〔‐ハンダイフ〕【江戸半太夫】

[?~1743]江戸中期の浄瑠璃の太夫。初世。江戸の人。貞享(1684~1688)ごろに半太夫節を創始。操り芝居を興行。語り口が優美で人気を得た。のちに河東節の流行で衰えたが、名義は幕末まで7世続いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えどはんだゆう【江戸半太夫】

江戸浄瑠璃の太夫。初世(?‐1743)は修験者の子で幼名半之丞。はじめ説経祭文の上手だったが,江戸肥前掾(ひぜんのじよう)に学び浄瑠璃太夫となり,堺町に操り芝居をはじめ,歌舞伎にも出演した。貞享・元禄(1684‐1704)のころ半太夫節として流行,薩摩浄雲以後江戸での名人といわれた。正徳年間(1711‐16)に剃髪して坂本梁雲と号す。以後半太夫は7世まで続いたが幕末に絶えた。その曲節は,江戸では弟子の十寸見(ますみ)河東をへて河東節に移され《きぬた》《鑓踊(やりおどり)》などが伝わり,上方では地歌に〈半太夫もの〉として《意見曾我》などが伝わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えどはんだゆう【江戸半太夫】

?~1743) 江戸中期、江戸浄瑠璃の太夫。江戸の生まれ。半太夫節の祖。初め説経・歌祭文の上手で、のち、江戸肥前掾ひぜんのじように学び一派をなす。門下から河東節の祖となった江戸太夫河東(十寸見ますみ河東)が出た。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江戸半太夫の言及

【半太夫節】より

…三味線音楽の一種目。初世江戸半太夫(?‐1743)が始めた曲節。貞享・元禄(1684‐1704)のころに流行した。…

【十寸見河東】より

…本名を伊藤藤十郎と伝える。江戸日本橋魚商の子で初世江戸半太夫の門に入り,半太夫節に手品節,式部節などを加えて1717年(享保2)春,江戸市村座で《松の内》を語って一派を樹立した。高弟に河丈(2世河東,?‐1734),河洲(3世河東,?‐1745)があり,初世山彦源四郎と河東節を完成させた。…

【山彦源四郎】より

…(1)初世(?‐1756(宝暦6)) 本名村上源四郎。初世江戸半太夫の弟子と伝える。1717年(享保2)初世十寸見(ますみ)河東と河東節創立に参加,以後4世河東まで弾き,河東節三味線のスタイルを確立した。…

※「江戸半太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸半太夫の関連キーワード江戸浄瑠璃金平浄瑠璃吾妻浄瑠璃上方浄瑠璃浄瑠璃本太夫棚難波浄瑠璃小薩摩脇太夫竹本筆太夫(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone