コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立杭焼 たちくいやき

1件 の用語解説(立杭焼の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たちくいやき【立杭焼】

焼物の一。兵庫県篠山市今田町上立杭・下立杭で産する陶器。丹波焼の代表的焼物で、その別名ともなっている。慶長(1596~1615)頃の開窯。徳利・壺など雑器が主。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の立杭焼の言及

【今田[町]】より

…加古川支流の東条川,四斗谷(しとだに)川が南流し,両河川沿いに水田と集落が分布する。鎌倉時代に起源をもつと伝える立杭(たちくい)焼(丹波焼)の産地として知られ,南部の四斗谷川沿いに陶業地が分布し,山の斜面には登窯が並ぶ。また清酒や凍豆腐の製造も盛んである。…

【丹波焼】より

…兵庫県多紀郡今田町立杭(たちくい)周辺で焼かれている陶器で,立杭焼とも呼ばれる。中世には小野原荘に属したことから,桃山以前の古丹波をかつて小野原焼と呼んだ。…

※「立杭焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立杭焼の関連情報