コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登窯 のぼりがま

3件 の用語解説(登窯の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

登窯【のぼりがま】

傾斜地に数個の窯室を階段状に連続して築いた陶磁器焼成窯。下方の窯室からの廃ガスおよび余熱を利用して順次後室を焚(た)き上げる。桃山期以来多く用いられてきたが,近年はあまり行われない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のぼりがま【登窯】

陶磁器焼成用の半連続窯。3/10~5/10の傾きをもった傾斜地に,断面がかまぼこ形あるいは馬蹄形をした焼成室を横に上部に向かって3~6室連結する。焼成室は下部から一の間,二の間と順次に呼ばれ,それぞれに被焼成物を詰めておく。ふつうは一の間の下部に胴木(どうぎ)間,捨間が設けられる。燃料は松の割木(薪(まき))である。まず,胴木間で薪をたき,捨間で火炎を和らげ,一の間,二の間,三の間の順に加熱していく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

登窯
のぼりがま

製陶窯の一形態。傾斜地に縦に舟形の溝を掘り、天井をかぶせた簡単な単室の窯は登窯の原始形態で、これをとくに窖(あな)窯とよんで区別することもある。しかし、狭義には連房式登窯をさす。これは焼成室(房)を隔壁(狭間(さま))で仕切って連続させた長大な窯で、窖窯より経済的で熱効率もよく、大量生産が可能である。構造は、最前端に焚口(たきぐち)をつくり、胴木間(どうぎま)、灰間(はいま)、第一焼成室、第二焼成室と続く。数室から、大きいものでは十数室の房を連ね、最後に煙突をつける。燃料は松の割り木で、先ほどの焚口のほかに各室の左右に薪(まき)を入れる差木(さしき)口をつけ、第一房から次々に焼成する仕組みである。中国・朝鮮で開発され、日本では桃山時代の16世紀に朝鮮半島渡来の技術を生かして唐津(からつ)焼に初めて築かれた。以来急速に各地に普及した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の登窯の言及

【窯】より

…陶芸作品,小規模の耐火物焼成などに使われている。バッチ窯にも単独窯と登窯の区別がある。丸窯および角窯は回分式焼成を行うのに最も簡便な単独窯で,これには,炎が下から被加熱物に当たる昇炎式と,ドーム形の天井に当たった炎が下向きに反射して焼く倒炎式とがある。…

【瓦窯】より

…造瓦所に属する施設の一部であり,ほかに瓦製作に従事する工人の作業所である〈瓦屋〉〈造瓦屋〉〈瓦竈屋〉などと一体となって工房を形成していた。瓦窯には構造によって登窯(のぼりがま)と平窯(ひらがま)とがある。登窯の名称は,製陶用の窯に関して従来から陶芸家や研究者の間でそう呼ばれているもので,その構造は傾斜面に沿って下から上に向かって地表に数室を連続させた連房式となっている。…

※「登窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登窯の関連情報