コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立炉/竪炉 タテロ

デジタル大辞泉の解説

たて‐ろ【立炉/×竪炉】

軸が上下に通っていて燃料と鉱石とを同一場所に入れることができる炉。焙焼(ばいしょう)や溶鉱のときの蒸留に使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たてろ【立炉】

鉱石を焙焼・溶鉱したり、鉱物を焼成するための立型の炉。原料と燃料を混合するか、交互に積み重ねて加熱する。 → 平炉へいろ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立炉/竪炉の関連キーワード酸化カルシウムキューポラ石炭乾留焙焼高炉平炉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android