コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜座 リュウザ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ざ【竜座】

北天の大星座小熊(こぐま)座を取り巻くように位置し、中心部は8月上旬の午後8時ごろ南中。黄道の極はこの星座のδ(デルタ)星の近くにある。学名〈ラテン〉Draco

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうざ【竜座】

八月初旬の宵に南中する北天の星座。面積はきわめて広い。ギリシャ神話では、ヘスペリス(黄昏たそがれの娘)たちの園で黄金のリンゴの木を守っていた竜に見たてる。黄道の極はこの星座にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜座の関連キーワードジャコビニ流星群四分儀座流星群ギリシャ神話ケフェウス座四分儀座トゥバンりゅう座北天紫微

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜座の関連情報