コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小熊座 コグマザ

デジタル大辞泉の解説

こぐま‐ざ【小熊座】

天の北極近くにある星座。小さなひしゃく形をつくり、α(アルファ)星は光度2.0等の北極星。一年じゅう見えるが、7月中旬の午後8時ごろ南中する。学名 〈ラテン〉Ursa Minor

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こぐまざ【小熊座】

天の北極近くにある星座。北斗七星を小さくしたような柄杓ひしやく形をしており、柄の先のアルファ星が北極星である。七月中旬の宵、北天に高くなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小熊座の関連キーワード高野ムツオ佐藤 鬼房北斗七星こぐま座佐藤鬼房カリストアルカス太一星北天極星紫微

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android