コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜角 リュウカク

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐かく【竜角】

(わごん)・(そう)の部分の名。本体上面の端にあって弦を支える駒。和琴では頭部だけ、箏では両端にあるが、特に頭部のものだけをさす場合がある。→雲角(うんかく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうかく【竜角】

和琴わごん・箏そうの部分名称。胴の上面の頭に近い部分にある駒。弦の右端を支える。 → 雲角うんかく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜角の関連キーワード藤井 得三郎(2代目)住田又兵衛(3代)藤井得三郎藤井康男栄(町)白鳳美術竜角寺鳥盤類天竜峡栄町雲角安食

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜角の関連情報