コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童子訓 ドウジクン

デジタル大辞泉の解説

どうじくん【童子訓】

江戸中期の教訓書。5巻。貝原益軒著。宝永7年(1710)刊。儒学の立場から、児童教育についての意見を述べたもの。和俗童子訓。益軒十訓の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうじくん【童子訓】

教訓書。五巻。貝原益軒著。1710年刊。児童教育に関する意見を、儒教主義に基づいて実践的に述べたもの。和俗童子訓。益軒十訓の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

童子訓の関連キーワード近世説美少年録岡見知康沢田名垂日新館家政学三字経女大学風寒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android