端正・端整(読み)たんせい

精選版 日本国語大辞典「端正・端整」の解説

たん‐せい【端正・端整】

〘名〙 (形動) 人の行状や容姿が、正しくきちんと、ととのっていること。また、そのさま。たんじょう。
※令集解(701)職員「古記云。端正。俗語賀富好也」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「品行は元来端正(タンセイ)だし、殊(こと)に取まはしも温藉(しとやか)な方だ」 〔史記‐儒林伝〕
[補注]→「たんじょう(端正)」の補注

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android