コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪内逍遙 つぼうちしょうよう

2件 の用語解説(坪内逍遙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坪内逍遙
つぼうちしょうよう

[生]安政6(1859).5.22. 美濃,太田
[没]1935.2.28. 熱海
小説家,劇作家,翻訳家,教育者。本名,勇蔵,のち雄蔵。別号,春のやおぼろ。 1883年東京大学政治経済科卒業とともに東京専門学校 (現早稲田大学) 講師。 84年シェークスピアの『ジュリアス・シーザー』を全訳刊行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪内逍遙
つぼうちしょうよう
(1859―1935)

小説家、劇作家、評論家、翻訳家。安政(あんせい)6年5月22日、美濃(みの)国加茂郡太田村(岐阜県美濃加茂市)に父平之進、母ミチの五男、末子(第10子)として生まれる。本名勇蔵、のち雄蔵。号は春のやおぼろ(春廼屋朧)、逍遙遊人、柿叟(しそう)。幼少時、母に伴われて名古屋の歌舞伎(かぶき)興業をみ、近世戯作(げさく)を耽読(たんどく)した。名古屋県英語学校に学び、シェークスピアを知った。1876年(明治9)県選抜生として上京、東京開成学校(翌年東京大学となる)に入学、大学予備門から本科に進み、高田早苗(さなえ)を知り、その導きで西欧文学に目を開いた。講師ホートンの試験に失敗、その反省から文学研究方法、批評方法の探究を続けながら、東京大学政治経済科を卒業、東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)講師となった。1885年から翌年にかけて『一読三歎当世書生気質(かたぎ)』『小説神髄(しんずい)』を上梓(じょうし)、近代小説、近代小説論の実例を示した。加藤センとの結婚による内的動因もあり、「人情」の内部に視点を据えた『新磨妹と背かゞみ』(1886)、『松の内』(1888)、インテリ夫妻の心理的背反を追った『細君』(1889)などの創作が続いた。一方、逍遙の政治小説は『啓蒙攪眠清治湯(せいじゅ)の講釈』(1882)に始まり、『内地雑居未来の夢』『諷誡京わらんべ』(1886)を経て、作品規模の拡大に応じた小説の力学を開拓し、『外務大臣』(1888)に至った。
 東京専門学校の文科新設に伴い、『早稲田文学』を創刊(1891)した。帰納の批評を主張して、演繹(えんえき)を持し、『しがらみ草紙』に拠(よ)る森鴎外(おうがい)との間に、「理想」の意味や、理想の表象としてのイデア的世界観をめぐり、いわゆる「没理想論争」を展開した。すでに高田半峰(早苗)らと末松謙澄(けんちょう)らの歌舞伎改良論を批判してきた逍遙は『わが邦(くに)の史劇』(『早稲田文学』1893~94)に、シェークスピアを援用して歌舞伎の長短を論じ、新史劇への道を示した。史劇『桐一葉(きりひとは)』(1894~95)は歌舞伎改良史上最初の成功作となった。『牧の方』(1896~97)、『沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)』(1897)発表後の高山樗牛(ちょぎゅう)との歴史劇論争、歴史画論争を通して、「史」意識は逍遙の内部に深く下りた。さらに早稲田中学の教頭として倫理教育に打ち込み、名著『通俗倫理談』(1903)を著し、小学校用『国語読本』を編纂(へんさん)し傑作と評されたが、教育者逍遙の関心は文化西欧化の現状を超え、深く民族文化の基層にも届いた。演劇革新論の第二弾『新楽劇論』(1904)が「楽劇」の立体空間を強調するのも、民族芸能・伝統演劇の交響を期待してのことで、『新曲浦島』(1904)、『新曲赫映姫(かぐやひめ)』(1905)の構想にもそれは表れた。
 日露戦争が終わり、島村抱月(ほうげつ)が帰国し、1906年(明治39)『早稲田文学』が復活する。文芸協会が発足し、近代劇の基盤づくりを考えて本格的なシェークスピア翻訳に着手、1909年『ハムレット』(沙翁(さおう)傑作集第一編)を刊行。演劇研究所を設立し、新劇俳優養成を進め、1911年文芸協会第3回公演『ハムレット』に成功したが、抱月の人生観、演劇観とのずれに、抱月の松井須磨子との恋愛問題が絡み、文芸協会会長を辞し、協会を解散した。『役(えん)の行者』にはこの時期の逍遙の深い孤独の投影がある。1915年(大正4)早大教授を辞し、熱海(あたみ)(静岡県)定住が実現した。『名残(なごり)の星月夜』(1917)に続く逍遙史劇史の最後『義時の最期』(1918)は、彼の精神史の暗部をうかがわせる。昭和10年2月28日永眠。住居の双柿舎に近い熱海市海蔵寺境内に葬られた。この年5月、2年前より刊行中の『新修シェークスピヤ全集』全40巻が完結した。『逍遙選集』17巻(1926~27)がある。[中村 完]
『『明治文学全集16 坪内逍遙集』(1969・筑摩書房) ▽逍遙協会編『逍遙選集』復刻版・12巻・別巻5(1977~78・第一書房) ▽河竹繁俊著『人間坪内逍遙――近代劇壇側面史』(1959・新樹社) ▽本間久雄著『坪内逍遙――人とその芸術』(1959・松柏社) ▽尾崎宏次著『坪内逍遙』(1965・未来社) ▽稲垣達郎他著『座談会・坪内逍遙研究』(1976・昭和女子大学) ▽中村完編『坪内逍遙・二葉亭四迷』(1979・有精堂出版) ▽『稲垣達郎学芸論集 坪内逍遙(1)(2)』(1982・筑摩書房) ▽『坪内逍遙事典』(1986・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坪内逍遙の関連キーワード僧信海美里美原美和美沢美園小柳九一郎弘田長松平猷望月太左衛門(5代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坪内逍遙の関連情報