行状(読み)ぎょうじょう(英語表記)Xing-zhuang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行状
ぎょうじょう
Xing-zhuang

中国の文章様式の一つ。死者の事績についてその門人知友が記した文章。墓誌銘神道碑を依頼したり,朝廷功業を評価してもらうための参考資料として書かれることが多かった。単に「行」とも,また「行述」ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうじょう【行状 xíng zhuàng】

中国の散文のジャンルの一つ。死者の伝記の一種であるが,官庁に提出して歴史記録の資料や諡(おくなり)を賜るときの参考としたり,あるいは文章家に渡して墓誌銘を書いてもらう材料とするもので,これを石に刻したりすることはない。伝記の第一次資料であるために,死者に親近した友人や門弟がふつう執筆する。用途に応じて差があるが,行状は,同一人の墓誌銘に比べてたいてい長文である。【清水 茂】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうじょう【行状】

人の普段のおこない。身持ち。品行。 「 -を改める」
行状記」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行状の関連情報