行状(読み)ぎょうじょう

精選版 日本国語大辞典「行状」の解説

ぎょう‐じょう ギャウジャウ【行状】

〘名〙
① 日々の行ない。身もち。品行行跡
※伝光録(1299‐1302頃)釈迦牟尼仏「かの一期の行状をもて遺弟の表準たり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「善悪邪正の行状(ギャウジャウ)は」
② ある人の一生の経歴、世系など。また、それを記したもの。行状記。行状書。
※中華若木詩抄(1520頃)中「前は淵明が行状を作て」 〔晉書‐王隠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「行状」の解説

行状
ぎょうじょう
Xing-zhuang

中国の文章様式の一つ。死者の事績についてその門人や知友が記した文章。墓誌銘神道碑を依頼したり,朝廷功業を評価してもらうための参考資料として書かれることが多かった。単に「行」とも,また「行述」ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「行状」の解説

ぎょう‐じょう〔ギヤウジヤウ〕【行状】

日ごろのおこない。身持ち。品行。「行状が悪い」
生前の行動や業績・履歴などを記したもの。
[類語]品行素行身持ち操行行跡行動おこな振る舞い行為きょ活動動き所行しょぎょう言動言行げんこう沙汰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「行状」の解説

ぎょうじょう【行状 xíng zhuàng】

中国の散文のジャンルの一つ。死者の伝記の一種であるが,官庁に提出して歴史記録の資料や諡(おくなり)を賜るときの参考としたり,あるいは文章家に渡して墓誌銘を書いてもらう材料とするもので,これを石に刻したりすることはない。伝記の第一次資料であるために,死者に親近した友人や門弟がふつう執筆する。用途に応じて差があるが,行状は,同一人の墓誌銘に比べてたいてい長文である。【清水

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「行状」の解説

【行状】ぎようじよう

品行。

字通「行」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android