コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競争優位期間

産学連携キーワード辞典の解説

競争優位期間

「競争優位期間」とは、ある技術のカテゴリーにおいて、技術がキャッシュフローを生み出すことのできる期間のことを指す。特許評価においては、特許の価値が持続する期間と考えられるため、重要なファクターとなる。発展性や他製品への適用性の向上、適切な特許ポートフォリオの構築が「競争優位期間」を維持するために有効であると考えられる。競争優位期間の推定方法には、S字カーブ理論テクノロジー・ロードマップなどが挙げられる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

競争優位期間の関連キーワードディスカウンティッド・キャッシュフロー次世代技術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android