コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競争優位期間

1件 の用語解説(競争優位期間の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

競争優位期間

競争優位期間」とは、ある技術のカテゴリーにおいて、技術がキャッシュフローを生み出すことのできる期間のことを指す。特許評価においては、特許の価値が持続する期間と考えられるため、重要なファクターとなる。発展性や他製品への適用性の向上、適切な特許ポートフォリオの構築が「競争優位期間」を維持するために有効であると考えられる。競争優位期間の推定方法には、S字カーブ理論テクノロジー・ロードマップなどが挙げられる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競争優位期間の関連キーワードカテゴリーカテゴリー拡張カテゴリー・ブランドトレンド対応型企業カテゴリー類似点連想カテゴライズカテゴリー化次世代技術テクノロジー・ロードマップPatent Citation Tree Map

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone