コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競争優位期間

産学連携キーワード辞典の解説

競争優位期間

「競争優位期間」とは、ある技術のカテゴリーにおいて、技術がキャッシュフローを生み出すことのできる期間のことを指す。特許評価においては、特許の価値が持続する期間と考えられるため、重要なファクターとなる。発展性や他製品への適用性の向上、適切な特許ポートフォリオの構築が「競争優位期間」を維持するために有効であると考えられる。競争優位期間の推定方法には、S字カーブ理論テクノロジー・ロードマップなどが挙げられる。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

競争優位期間の関連キーワードディスカウンティッド・キャッシュフロー次世代技術

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android