コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笊籬 イカキ

大辞林 第三版の解説

いかき【笊籬】

かご。ざる。 「釣鍋つるなべに小さき-をしかけ/浮世草子・懐硯 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の笊籬の言及

【ざる(笊)】より

…水が漏れるところから,むだの多いことのたとえに〈ざるに水〉,へたな碁を〈ざる碁〉などという。10世紀の《和名抄》は笊籬(そうり)の字をあてて〈むぎすくい〉と読み,麦索(むぎなわ)を煮る籠としているが,15世紀の《下学集》は笊籬を〈いかき〉と読み,味噌漉(みそこし)としている。いまでも京阪では〈いかき〉,東京では〈ざる〉と呼ぶが,語源については〈いかき〉は〈湯かけ〉から,〈ざる〉は〈そうり〉から転じたなどとされる。…

※「笊籬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

笊籬の関連キーワードざる(笊)浮世草子六方組竹細工

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android