コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠弘興 かさの ひろおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠弘興 かさの-ひろおき

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)元年(859)従五位下。土佐守(とさのかみ),民部少輔(みんぶのしょう),遠江(とおとうみの)守,丹波守を歴任。18年大極殿火災のさい放火の疑いをかけられ,安倍房上とともに拘禁された。房上はのち河内(かわちの)守となったが,弘興のその後の活動は不明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例