コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第2市場 だいにしじょうparallel market

翻訳|parallel market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第2市場
だいにしじょう
parallel market

ロンドンでは手形交換所加盟銀行を中心に伝統的な割引市場コール市場が発達してきたが,1950年代後半以降,特に 60年代になって外国銀行,それもアメリカ系銀行の進出,マーチャント・バンク,賦払金融会社などの発達に伴ってインターバンク市場,地方公共団体資金市場,賦払金融会社預金市場,さらにユーロ・ダラー市場が急速に発達した。第2市場とはこれら新しい金融市場の総称。イングランド銀行は伝統的な割引市場を金融調整の対象としていたが,1971年9月にその金融調整方式を変えて第2市場を構成する金融機関をも対象に加えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第2市場の関連情報