割引市場(読み)わりびきしじょう

百科事典マイペディア「割引市場」の解説

割引市場【わりびきしじょう】

銀行その他の金融機関商業手形や銀行引受手形売買(割引)を行う公開の短期金融市場。ロンドンで典型的に発達し,中央銀行と市中銀行の間に介在するビル・ブローカー等が重要な役割を果たす。日本ではほとんど発達していない。→手形割引

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「割引市場」の解説

わりびき‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【割引市場】

商業手形財務省証券短期国債などが金融機関の間で取引される金融市場英国のロンドン市場で典型的に発達した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「割引市場」の解説

わりびき‐しじょう ‥シヂャウ【割引市場】

〘名〙 手形の売買が行なわれる金融市場。手形割引市場

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「割引市場」の解説

割引市場
わりびきしじょう

手形売買市場」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android