コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等現間隔法 とうげんかんかくほうmethod of equal-appearing intervals

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等現間隔法
とうげんかんかくほう
method of equal-appearing intervals

L.L.サーストンの考案した態度尺度構成法で,サーストン法とも呼ばれる。多数の意見項目を,たとえば進歩的→保守的などのような特定の一次元上に等間隔になるように配列し,それぞれに尺度値を与えることによって態度測定の尺度をつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等現間隔法
とうげんかんかくほう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

等現間隔法の関連キーワードリッカート法尺度法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android