等現間隔法(読み)とうげんかんかくほう(英語表記)method of equal-appearing intervals

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等現間隔法
とうげんかんかくほう
method of equal-appearing intervals

L.L.サーストンの考案した態度尺度構成法で,サーストン法とも呼ばれる。多数の意見項目を,たとえば進歩的→保守的などのような特定の一次元上に等間隔になるように配列し,それぞれに尺度値を与えることによって態度測定の尺度をつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android