コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等現間隔法 とうげんかんかくほうmethod of equal-appearing intervals

2件 の用語解説(等現間隔法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等現間隔法
とうげんかんかくほう
method of equal-appearing intervals

L.L.サーストンの考案した態度尺度構成法で,サーストン法とも呼ばれる。多数の意見項目を,たとえば進歩的→保守的などのような特定の一次元上に等間隔になるように配列し,それぞれに尺度値を与えることによって態度測定の尺度をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone