コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒転かし ツツゴカシ

2件 の用語解説(筒転かしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつ‐ごかし【筒転かし】

《竹の銭筒に入れておよそ100文ずつ計るときに多少の過不足があるところから》銭勘定をごまかすこと。また一般に、ごまかすこと。詐欺。
「手ひどいころり、これがほんの―、かたりめに出逢うた」〈浄・鬼一法眼

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つつごかし【筒転かし】

〔銭筒で百文ずつ銭を計るときに多少の過不足が出ることから〕
銭勘定をごまかすこと。転じて、詐欺。ごまかし。 「手ひどいころり是がほんの-、かたりめに出逢うた/浄瑠璃・鬼一法眼」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筒転かしの関連キーワード紙鉄砲子母銭銭筒見計る耳に入れる貰い湯よそよそ折羽竹の節和節