答・応・報(読み)こたう

精選版 日本国語大辞典の解説

こた・う こたふ【答・応・報】

〘自ハ下二〙 ⇒こたえる(答)

こたえ こたへ【答・応・報】

〘名〙 (動詞「こたえる()」の連用形の名詞化)
① こたえること。質問や呼びかけに応じること。返答。返事。答申。
※書紀(720)舒明即位前(寛文版訓)「時に、群臣、嘿(もた)して答(コタヘ)無し」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「めせば御こたへして起きたれば」
② むくい。応報。返報。
※書紀(720)垂仁五年一〇月(寛文版訓)「故、今日の夢(みゆめ)みたまふは、必ず是の事の応(コタヘ)ならむ」
③ 山彦などの反響。
※古今(905‐914)恋一・五二一「つれもなき人をこふとて山びこのこたへするまでなげきつる哉〈よみ人しらず〉」
④ ききめ。効果。
※評判記・色道大鏡(1678)五「是よりいましめをくはふるといへども、其恐れかろく、又こたへうすし」
⑤ あいさつ。断わり。
※歌舞伎・隅田川続俤(法界坊)(1784)口明「悪い事があるなら、請人の役、マア一番にわしに答がありさうなもの」
⑥ ある行動に対して起こる反応。確かな感触。手ごたえ。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「日比此人をば確乎とした所応(コタヘ)の無い、卒といふ時には働けさうにも考へぬけれど」
⑦ 問題を解いて得る結果。解答。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「思ひも寄らぬ問題に、我ながら答案(コタヘ)が付かぬのである」

こた・える こたへる【答・応・報】

〘自ア下一(ハ下一)〙 こた・ふ 〘自ハ下二〙 (「こと(言)」「あえる(合)」で、言を合わせる意か) 他からの働きかけに応じる。こたゆ。
① ことばをかけられたのに対してこちらからも言う。
(イ) 返事する。応答する。うけこたえする。いらう。
※書紀(720)神代上(寛文版訓)「対(コタヘ)て曰(まう)さく、吾(やつがれ)は是(こ)れ国神(くにつかみ)なり」
(ロ) 質問に対して意見や答えを述べる。回答する。
※伊勢物語(10C前)六「白玉かなにぞと人の問ひし時つゆとこたへて消えなましものを」
(ハ) 提起された問題を解いて結論を出す。解答する。
② ひびく。反響する。声と声が互いに応じる。
※古今(905‐914)恋一・五三九「打ちわびてよばはん声に山びこのこたへぬ山はあらじとぞ思ふ〈よみ人しらず〉」
③ 他からの作用に対して感応する。
(イ) 報(むく)いる。報ずる。
※書紀(720)顕宗二年八月(寛文版訓)「言として酬(むく)ひざるは無く、徳として報(コタヘ)ざるは無し」
(ロ) 感じて応じる。反応する。通じる。
※書紀(720)大化二年三月(北野本訓)「天(あめ)も人(ひと)も合応(コタヘ)て、厥の政惟新なり」
(ハ) 心にしみ通る。深く感じる。しみわたる。
※千載(1187)雑中・一一四九「あかつきの嵐にたぐふ鐘の音を心の底にこたへてぞ聞く〈西行〉」
(ニ) 衝撃を受けて強く感じる。刺激・痛み・苦痛などを強く感じる。利(き)く。
※虎明本狂言・皸(室町末‐近世初)「六こんへこたえて、うづきまするほどに」
※俳諧・片歌東風俗(1765)「唇にこたへる秋やとうからし〈鶏山〉」
④ 挨拶する。ことわる。告げる。訴える。
※浄瑠璃・江州石山寺源氏供養(1676)「よしたとへ、かけこみたるにもせよ、しさいをつぶさにこたへ、じんじゃうのさたにてこそわたさんすらめ」
[語誌](1)→「いらう(応)」の語誌。
(2)室町時代頃からヤ行下二段活用も見られる。→こたゆ(答)

こた・ゆ【答・応・報】

〘自ヤ下二〙 (ハ行下二段活用の「こたふ」から転じて、室町ごろから用いられた語。多く終止形は「こたゆる」の形をとる) =こたえる(答)
※夜の寝覚(1045‐68頃)二「いといみじくのみ思ひいりて、こたゆる事なく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android