コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕の手 ミノテ

デジタル大辞泉の解説

み‐の‐て【×箕の手】

《「みので」とも》
武具の一。先に左右に突き出た形の金具を取り付けた指物。転風(てんぷ)。
箕の手形(なり)」の略。
「敵を―に引き受け」〈浄・今川了俊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みのて【箕の手】

「箕の手形なり」の略。 「卯の刻の-に並ぶ小西方(珍碩)/猿蓑」
武具の一。指物さしものの名。棒の先に左右に突き出た形の金具をとりつけた物。転風てんぷ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

箕の手の関連キーワード武具猿蓑