コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算定会科率

1件 の用語解説(算定会科率の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

算定会科率

科率団体法に基づいて設立された算定会が算出し,金融大臣に届出た保険料率を指します。特定の分野以外については、全員は算定会が金融大臣に届出た営業保険料率を使用する義務が課されていますが、一定の範囲内で範囲料率を使用することができる特定の分野については、会員は純保険料率についてのみ使用義務を負います。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

算定会科率の関連キーワード認可法人漁業組合損害保険料率算出団体に関する法律損害保険料率算定会料率団体法範囲料率自動車保険料率算定会算定会SPC・特別目的会社中央労働災害防止協会

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone