コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

範囲料率

1件 の用語解説(範囲料率の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

範囲料率

料率団体法第10条の5第2項に定める料率で、標準となるべき保険料率を中心として、損害保険料率算出団体に関する省令で定める範囲内の引上げおよび引下げを認めるものです。範囲料率は、算定会料率に属し危険の変動、実態に即応した料率を適用できる余地を設けることにより、算定会料率の固定化を防ぐ趣旨で導入されました。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

範囲料率の関連キーワード幅料率損害保険料率損害保険料率算定会特定料率料率団体法自動車保険料率算定会算定会純保険料率料率表保険料率表

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone