コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管轄違い カンカツチガイ

デジタル大辞泉の解説

かんかつ‐ちがい〔クワンカツちがひ〕【管轄違い】

裁判上の申し立てにつき、これを受理した裁判所管轄権をもたないこと。
行政法上、不服申し立て、審判の申し立てなどを受理した行政庁が、その審理・判断をする権限をもたないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の管轄違いの言及

【判決】より

…実体判決は,有罪か,無罪かを宣言する判決で,有罪の場合,刑の言渡しとともに,付随して刑の執行猶予や,未決勾留日数の刑への算入なども言い渡されることがある(刑事訴訟法333条2項,刑法21条)。形式判決は,訴訟条件が欠けているとして,公訴を無効として退ける判決で,管轄違いの判決(刑事訴訟法329条),公訴棄却の判決(338条),免訴判決(337条)の3種がある。公訴棄却は,事項によっては,判決ではなく,決定で言い渡されることもあり(339条),また,免訴判決は,実体判決,または実体関係的形式判決と解する説もある。…

※「管轄違い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

管轄違いの関連キーワード裁判を受ける権利破棄移送督促手続公訴時効訴訟要件冒頭手続裁判管轄訴訟条件刑事訴訟終局裁判判決移送有罪起訴

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android