箱ずし(読み)はこずし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箱ずし
はこずし

すし飯を木箱に詰め、上に種々の種(たね)を並べて押してから適宜に切る。一種の切りずしであるが、押すだけで熟(な)らさない。握りずしより歴史は古く、現在の大阪ずしは代表的なものである。箱ずしの飯を温かくした「ぬくずし」は、江戸中期から京坂地方でつくられている。黄丸(きまる)ずしは、卵の黄身を崩してすし飯に混ぜて押したものである。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の箱ずしの言及

【すし(鮓∥鮨)】より

…まさに日本の馴れずしも,タイのプラハーなどと同源であることをうかがわせるが,ただ一つ,日本のものが他と異なるのはおもしをかけることである。そして,現在の握りずしや箱ずしにしても,手や箱で握り押すところに味の出どころがある。
[日本のすし]
 日本では古くから鮓,鮨,いずれの字も〈すし〉と訓じてきた。…

※「箱ずし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android