黄身(読み)キミ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐み【黄身】

〘名〙 卵の中の卵白(白身)に包まれた球形の黄色い濃い液で、レシチン、脂肪、蛋白質、灰分、ビタミンAなどを含み、胚(はい)の栄養となる。卵黄(らんおう)。〔俳諧・広原海(1703)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報