箸蔵 善龍(読み)ハシクラ ゼンリュウ

20世紀日本人名事典の解説

箸蔵 善龍
ハシクラ ゼンリュウ

明治〜昭和期の僧侶 真言宗小野派管長;箸蔵寺住職。



生年
嘉永5年4月18日(1852年)

没年
昭和3(1928)年11月1日

出身地
阿波国(徳島県)

経歴
阿波(徳島県)第一の巨刹箸蔵寺で出家して住職となり、京都太秦の広隆寺住職を兼ねた。大正元年京都随心院門跡、ついで真言宗小野派管長、大僧正となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android