徳島県(読み)とくしま

  • とくしまけん
  • 徳島〔県〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

面積 4146.65km2
人口 75万5733(2015)。
年降水量 1453.8mm (徳島市) 。
年平均気温 16.6℃ (徳島市) 。
県庁所在地 徳島市
県木 ヤマモモ
県花 スダチ。
県鳥 シラサギ

四国の東部に位置し,瀬戸内海,紀伊水道,太平洋に面する県。県域の大部分は山地で,県北部を東西に走る中央構造線により2分され,北部の讃岐山脈は内帯に属し,南部の剣山地は外帯に属する。北部を吉野川が貫流する。徳島,阿南の両平野のほかは平地は少い。太平洋岸気候地域に属し,県南は暖地性で雪をみることはなく,一方,西部の山地では雪も多い。県北は雨の少い瀬戸内気候に近い。大化改新 (645) 頃阿波国となり,戦国時代には一時長曾我部元親の領地となったが,豊臣秀吉に平定され,蜂須賀家政が播磨から移封。以後明治にいたる。明治4 (1871) 年廃藩置県によって徳島県となり,その後名東県などを経て,1880年現在の徳島県となる。江戸時代初期から始った製塩アイ (藍) とタバコの栽培は,かつての主要産業であった。現在吉野川下流域はレンコン,県北西部のいわゆる「北方」は畑作地帯で,野菜,スダチ,ユズ,ミカンなどの柑橘類の栽培が盛んで,そのほとんどが京阪神地方へ出荷される。一方,県南部の「南方」 (那賀川,勝浦川下流域) は水田地帯。 1963年徳島市周辺地域は新産業都市に指定され,近代工業が発展している。阿波踊,人形浄瑠璃,大歩危・小歩危 (おおぼけ・こぼけ) の渓谷美,鳴門の渦潮など,観光資源も豊富。交通は北部の JR高徳線,中部の徳島線が幹線であるが,海岸沿いに牟岐線も走る。徳島市を中心にバス路線も発達。阪神方面への貨物輸送はフェリー利用の自動車輸送と船舶輸送に依拠している。 85年,鳴門と淡路島を結ぶ大鳴門橋が完成,本州四国連絡道路が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

四国地方南東部に位置する県。北部には讃岐山地、東部は紀伊水道、南部は太平洋に面し、西部には四国山地がある。全面積のおよそ8割を山地が占める。剣山地を境に、北部は瀬戸内性、南部は南海性の気候を示す。農業・林業・水産業が盛ん。県花は、すだちの花。県木は、やまもも。県鳥は、しらさぎ。

[徳島県のブランド・名産品]
阿波尾鶏 | 阿波しじら織(阿波正藍しじら織) | 阿波木偶 | 阿波晩茶 | アワビ | 阿波みどり | 阿波和三盆糖 | 阿波和紙 | 渭東ねぎ | 大谷焼 | 上勝のつまもの | カリフラワー | シンビジウム | すだち | 手打ち刃物 | 徳島唐木仏壇 | 徳島足袋 | 生しいたけ | なると金時 | 鳴門らっきょ | 鳴門わかめ | にんじん | | 巻柿 | 美馬和傘 | ゆず

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

四国地方東部の県。阿波国にあたる。明治四年(一八七一)の廃藩置県により徳島県となり、同年名東(みょうどう)県と改称。同九年には高知県に編入されたが、同一三年分離して再び徳島県となり、現在の県域が定まる。県庁所在地は徳島市。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島県の関連情報