コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篦彫 へらぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篦彫
へらぼり

鋳型製作に用いる技法。和鏡などをつくる際,金属に直接に施す彫法でなく,鋳型に,先の細い匙のような篦で文様を直接彫り込んでいく技法。鋳上がりの文様は陽鋳になる。自由で絵画的な文様ができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone